プラザ歯科医院

1111.jpg

スタッフ募集_歯.pngスタッフ募集_歯.png余白狭.jpgTELピンク3 診療時間変更済み.png











menuホーム.jpgmenuホーム.jpgmenu余白.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu余白.jpgmenuスタッフ.jpgmenuスタッフ.jpgmenu余白.jpgmenu施設設備.jpgmenu施設設備.jpgmenu余白.jpgmenuアクセス.jpgmenuアクセス.jpg





診療科目pink.jpg

HOME > 診療科目 > 予防歯科 > マタニティ歯科

予防歯科

妊婦さんはおくちの中で困っていることが多いのではないでしょうか?

・虫歯があるみたいだけど妊娠中で歯医者にいけない…
体がだるくてつわりもあるし、気持ち悪くて歯磨きが
 ちゃんとできない
食の好みが変わった
つわりで食事の回数が増える
胃酸で歯が溶かされる
歯磨きをすると血が出てくる

妊娠・出産を境に歯を悪くされる方がたくさんいらっしゃいます。お腹の中だけでなく、お口の中にも大きな変化が起こっているからです。


・妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などに
 より歯周病になりやすくなります。
・歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進
 せるため、早産や低体重児の可能性を増加させます。
・妊娠中は気持ちや体調の変化から、お口のケアまで手が
 回らなかったり虫歯のリスクも上がります。
・乳歯の形成はすでに胎生期7週目から始まります。
 乳幼児の健康な口腔を確保するためにはマイナス1歳か
 らの、母親のおくちの管理を含む生活習慣の指導が必要
 になります。
・生まれてきたかわいいわが子に移るのは、お母さんの
 おくちのなかの虫歯菌です。自分の虫歯菌について詳
 く知り、できる限り子供に虫歯ができにくくなるように
 対処しておきましょう。


お子さんの出産待ち遠しいですね。今回の妊娠をきっかけに、お子さんのマイナス1歳からの簡単で確実な虫歯予防に挑戦してみませんか?

マタニティの時期から始める虫歯予防は何よりも効果的☆★

今までは「虫歯になったから見てください」「歯が生えてきて心配だから見てください」と言って来られる方がほとんどでした。

虫歯ができたお子様は?

・甘いものが好きで食べる習慣がついている
・すでに多くの虫歯菌に感染している

そこから「食生活に気を付けてください」と言われても、すでに大好きになってしまった甘いものの習慣を我慢させるなんて、あなたにとってもお子様にとっても大変な思いをすることになります。感染してしまった多くの虫歯菌も、感染するまえに防ぐほうが、感染した後に菌を減らすよりゆっくりと始められるのでとっても簡単なんです。


妊婦さんに質問です★
あなたのお口の健康と、これから生まれてくるお子様の健康と、どちらを大切に考えていますか?妊婦さんの多くは、これから生まれてくるお子様の健康のことを大切に考えています。
あなたもきっとそうでしょう。
そんなあなたには、ぜひあなた自身のお口の健康を守ることをお勧めします。
それが、あなたの大切なお子様の健康を守ることにつながります。


生まれてくるお子様のために、あなたができること

 1)虫歯の治療をすること
   育児中の歯の痛みなどのトラブルを未然に防ぎ、
   虫歯を進行させる菌を減らします。
 2)歯ぐきのケア(歯肉炎、歯周病の治療)をすること
   早産、低体重児出産を防ぎます。
 3)歯と歯ぐきのメインテナンスをする
   「出産してから歯が悪くなった」ということを防ぎます。

さらに!!

 4)自分の虫歯の菌を減らしておく
   (虫歯のリスク検査で菌の量はわかります)
   虫歯を治しただけでは虫歯菌は無くなりません!虫歯菌を
   減らしておけば、お子様に移る心配がなくなるので安心
   して子育てができますね。


プラザ歯科医院では、当院オリジナルの虫歯予防プログラムを確立しております。対象は虫歯になる可能性がある人すべてです。つまり皆さんです。
虫歯リスクを検査し分析し、それに基づき指導を行います。お子さんであったり、妊婦さんでも一緒です。化学的に証明されている方法で予防を行います。虫歯は予防できる疾患ですのでご安心ください。
虫歯のない健康で、綺麗で痛みを知らずにいるために、お手伝いすることができます。お気軽にご相談ください。

▶虫歯予防プログラム



妊娠中は「歯科治療は受けられない」と思われている方は少なくありません。しかし、タイミングをしっかり見極めればむしろ受けたほうがいいといえます。治療は妊娠中期(5ヶ月~8か月)であればほとんど問題なくできます。しかし、妊娠中は飲めるお薬が限られています。妊娠初期、妊娠後期は基本的には応急処置のみ行いましょう。


ご安心ください。当院にはキッズルームと、ゆりかごがございます。お母さんが治療をしている間、キッズルームで遊んだりDVDを見ながら待っていてもらっています。もちろんお母さんと一緒に診療室に入ってお母さんの隣で待つこともできます。また、診療中にキッズルームの様子を診療台についているパソコンで見ながら治療を受けることも可能です(治療内容によっては見られないこともあります)

DSC_2415.jpg
キッズルーム