プラザ歯科医院

1111.jpg

スタッフ募集_歯.pngスタッフ募集_歯.png余白狭.jpgTELピンク3 診療時間変更済み.png











menuホーム.jpgmenuホーム.jpgmenu余白.jpgmenu診療科目.jpgmenu診療科目.jpgmenu余白.jpgmenuスタッフ.jpgmenuスタッフ.jpgmenu余白.jpgmenu施設設備.jpgmenu施設設備.jpgmenu余白.jpgmenuアクセス.jpgmenuアクセス.jpg





滅菌器使用.jpg


ユーロンダ社滅菌器 クラスBオートクレーブ

 当院では治療器具の滅菌において、ヨーロッパ基準EN13060でもっとも厳しい「クラスB」をクリアした最先端のオートクレーブ(滅菌器)を導入しております。

 このヨーロッパ基準EN13060とは「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる」ということを意味しており、従来の滅菌器とは一線を画しています。
 「クラスB」とは大変高い基準であり、実は今日の日本の医療機関において、「クラスB」の導入率はまだ2%程度。当院では患者さまのためにいち早く導入し、万全の感染対策をとっておりますのでご安心ください。



オートクレーブ2.jpg


DACユニバーサル
患者様ごとに清潔なハンドピースを

 近年衛生面への関心が高まり、日々の臨床現場での滅菌は欠かせないものとなりました。
 当院では、医療器具だけでなくハンドピース(歯の切削器具)も一本一本患者様ごとにすべて滅菌しております。ハンドピースの滅菌には、ドイツ シロナ社の滅菌器を導入しております。
2台のDACをフル稼働させ数多くの切削器具を効率よく滅菌し円滑に安全な治療を行えるようにしています。
1本ずつ隅々まで洗浄、滅菌されたハンドピース(歯の切削器具)を使用することにより、万全の院内感染対策を施しています。厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境の下、安全な治療をご提供しております。




DAC.jpg




患者様のお口に入る物は、誰も触れていない汚れのついていないものを使います。
紙コップ、紙エプロンなどディスポーサブル(使い捨て)を使用し、患者様ごとに新しいものと交換しております。

清潔01.jpg


グローブ

当院では歯科用手袋を使用し治療時の交差感染の予防に努めております。グローブは患者様毎に取り換えて、院内感染の予防に心がけております。

グローブ.jpg


滅菌パック

当院で使用する診療器具は、滅菌処理を施したうえで、保存用パックにて外部との感染を完全に遮断しております。そして使用する直前に開封し、患者様ごとに使用する事で安全な治療を心がけております。


滅菌パック.jpg


直接患者様のお口に入れる道具は患者様ごとに取り換えています

歯を削る道具(タービン、コントラ)は、直接患者様のお口の中に入る物なので、滅菌処理をされたものを使うのが非常に重要ですが、歯科医院によっては同じものを使っているところもあるようです。当クリニックでは患者様ごとに滅菌したものに取り換えております。


道具.jpg

これらの処理にはコストがかかりますが、患者様や共に働くスタッフの安全・安心のために、とても重要な作業です。患者様の目に見えないところであっても、決して手を抜くことはありません。「自分が使ってほしくない機材を、患者に使わない」という気持ちを持ち、当院では治療にあたっています。