プラザ歯科医院

1111.jpg

スタッフ募集_歯.pngスタッフ募集_歯.png余白狭.jpgTELピンク3 診療時間変更済み2.png











menuホーム.jpgmenuホーム.jpgmenu余白.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu余白.jpgmenuスタッフ.jpgmenuスタッフ.jpgmenu余白.jpgmenu施設設備.jpgmenu施設設備.jpgmenu余白.jpgmenuアクセス.jpgmenuアクセス.jpg





診療科目pink.jpg

HOME > 診療科目 > 一般歯科 > むし歯治療について

一般歯科


むし歯の治療法は、その虫歯の大きさや咬み合わせ、周りの歯の状態などにより異なります。主な治療法となる修復治療ではレジンなどの材料を使用しますが、補綴(ほてつ)治療には、インレー(詰め物)、クラウン(被せ物)、ブリッジ(欠損部を補う被せ物)などがあり、その材料も保険が適用されて安価ないわゆる「銀歯」から、天然の歯に近い自然な色合いのセラミック製のものまで、様々な種類をご選択いただくことができます。

レジン充填(つめ物)

レジン01.jpg矢印.jpgレジン2.jpg


むし歯部分を取り除いた部分を補う治療です。小さいむし歯の場合に行われます。

色は決められた材料(3種類ぐらい)の中から最も歯の色に近い色で詰めていきます。

インレー(つめ物)

レジン01.jpg矢印.jpgインレー2_2.jpg


むし歯部分を取り除いた部分を補う治療です。少し大きいむし歯でレジンでの治療では歯の強度が弱い場合の治療です。

保険治療の場合色は銀色(金属の色)です。

クラウン(かぶせ物)

クラウン1.jpg矢印.jpgクラウン2.jpg


むし歯が歯の内部(神経)まで進んでしまった場合、内部(神経)の治療をした後に歯を保護するために冠で覆ってしまう治療法です。

保険治療の場合色は銀色(金属の色)です。

ブリッジ

ブリッジ1.jpg矢印.jpgブリッジ2.jpg矢印.jpgブリッジ3.jpg


むし歯や歯周病で抜けてしまった部分に変わりの歯を作り、残っている両端の歯を削って被せ物で橋渡し(ブリッジ)する修復治療法です。

保険治療の場合色は銀色(金属の色)です。



義歯は一般的にいう「入れ歯」です。部分入れ歯や総入れ歯などの種類があり、取り外しができる構造になっています。何らかの理由で自分の歯を失った場合の治療です。
患者様のお口の型を取って作成しますので、出来上がるまでに何度か来院していただきます。

部分入れ歯

部分入れ歯03.jpg


人工歯のついた床をご自身の歯にクラスプ(金具)でかけて固定するタイプです。
ご自身の歯が残っている時は部分入れ歯になります。

クラスプ(金具)の色が目立って気になる場合は保険適応外で、金具無しの入れ歯を作ることもできます。種類は様々ありますのでご相談ください。

総入れ歯

総入れ歯.jpg



ご自身の歯が1本も残っていない場合に、人工歯のついた床(ピンク色のところ)を口全体にはめ込む治療法です。