プラザ歯科医院

1111.jpg

スタッフ募集_歯.pngスタッフ募集_歯.png余白狭.jpgTELピンク3 診療時間変更済み.png











menuホーム.jpgmenuホーム.jpgmenu余白.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu余白.jpgmenuスタッフ.jpgmenuスタッフ.jpgmenu余白.jpgmenu施設設備.jpgmenu施設設備.jpgmenu余白.jpgmenuアクセス.jpgmenuアクセス.jpg





診療科目pink.jpg

HOME > 診療科目 > 予防歯科 > アイコン

予防歯科

歯を削らずに初期のむし歯や白濁(白い色)を治療する革新的な方法です

3つの特徴.jpg

アイコン治療とは、特殊な薬液を塗るだけの
全く新しい治療法なのです

アイコン2.jpg

1.歯面を研磨し汚れを取ります 
2.三種類の薬液を順番に使い、白くなった部分に作用させます
 (時間を置いたり、水で洗ったりします)
3.ライトを当てて硬化させ、最後に磨いて終わりです 

1. 生まれつきある白濁
 (歯の白すぎる色)

2. 穴のあいていない初期のむし歯


見出し_治療例W680茶.jpg

1. 生まれつきある白濁(歯の白すぎる色)

治療例1_1.jpg茶色矢印.jpg治療例1_2.jpg

生まれつき、歯の先端が白く、気になっていました。

アイコン治療によって薄くなり目立たなくなりました。

治療例2_1.jpg茶色矢印.jpg治療例2_2.jpg

生まれつき、左の前歯の歯の先端が白く、気になっていました。

アイコン治療によって少し薄くなり、以前より目立たなくなりました。

治療例3_1.jpg茶色矢印.jpg治療例3_2.jpg

生まれつき、前歯の先端真ん中だけが白く、気になっていました。

アイコン治療によって薄くなり、全体的に違和感のない歯の色になりました。

2. 穴のあいていない初期のむし歯

治療例4_1.jpg

矯正中は器具(ブラケット)の周りがうまく磨けないため、汚れが溜まってむし歯になってしまうことがあります。
(器具の周りの白い色はすべて初期のむし歯です)

治療例4_2_2.jpg茶色矢印.jpg治療例4_3.jpg

矯正器具を外すと、四角いむし歯が出来てしまっていました。とても不格好…

アイコン治療によって初期むし歯の白い色を消すことが出来ました。これで綺麗な歯並びで笑えますね。



1歯 12,000円+税


注意事項
① むし歯ができてから長い期間がたっている場合、綺麗に治らないことがあります。
(矯正中にできた場合矯正治療終了後器具を取った後1~2カ月以内の治療が望ましいとされています。)
② 歯垢が多くプラークコントロールができていない患者様には、ブラシング指導でプラークコントロールができるようになってから行う場合があります。
③ アイコンが対象となるかわからない場合、お気軽にお尋ね下さい。