プラザ歯科医院

1111.jpg

スタッフ募集_歯.pngスタッフ募集_歯.png余白狭.jpgTELピンク3 診療時間変更済み.png











menuホーム.jpgmenuホーム.jpgmenu余白.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu診療科目_pink.jpgmenu余白.jpgmenuスタッフ.jpgmenuスタッフ.jpgmenu余白.jpgmenu施設設備.jpgmenu施設設備.jpgmenu余白.jpgmenuアクセス.jpgmenuアクセス.jpg





診療科目pink.jpg

HOME > 診療科目 > 予防歯科 > 予防プログラム

予防歯科

CAMBRA(キャンブラ)で始まる、新しいむし歯予防

当院ではCAMBRAを、むし歯予防に取り入れています。

CAMBRAries anagement By Risk Assessment
       =リスク評価に基づくう蝕(むし歯)管理方法
日本と違い歯の治療が高額な国「アメリカ」から、近年日本に広まっている最新の予防方法です

■特徴
・カリフォルニア歯科医師会とUCSFが共同開発したむし歯リスク評価方法
・むし歯リスク発生方法とシステマティックなむし歯予防管理が特徴
・合理性と効率を重視したシステム
・全米の歯科大学65校のうち、40校が教育プログラムとして導入済


むし歯を治す事だけではなく、予防する事もすべてが治療と考えるアメリカから生まれた
オーダーメイドのプログラムとなっています。

虫歯予防先進国アメリカで行われているむし歯リスクマネージメントの知識を習得した歯科衛生士が行っています。

リスク検査2.jpg

CAMBRAによるリスク検査 3,000円 
 (唾液検査も含め 所要時間30分)

見出し_葉マーク.jpgリスク検査結果に基づいた 予防管理指導

今までは、あれもこれもと漠然としていたむし歯予防方法ですが、CAMBRAのリスク分析により複雑なむし歯のリスクをたった4つに分類わけすることが出来るため予防方法もわかりやすくなりました。
■4つの分類

1:Low Risk  2:Moderate Risk  3:High Risk  4:Extreme Risk

さらにリスク別に推奨されている処置もガイドライン化されているため、虫歯の原因と予防方法がとても簡単にわかりやすくなっています。
細かなリスク分類により、個人個人のむし歯の原因が特定されるので予防も簡単になります。